本物の歯のような噛み心地・見た目を手に入れる方法

インプラント

第二の永久歯「インプラント」

インプラントは、人工歯根を歯を失った顎の骨に埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の機能を補う治療法です。人工歯根が顎の骨にしっかり固定されるため、本物の歯に近い噛み心地が実現。また、人工歯に使われるセラミックは見た目・質感に優れており仕上がりが良好です。

本物の歯に近い噛み心地と見た目が得られることから、インプラントは「第二の永久歯」といわれ、現在では入れ歯やブリッジに加えて補綴治療の新しい選択肢として多くの方に選ばれています。

他の治療との比較

  メリット デメリット
インプラント
  • 本物の歯と同等の力で噛める
  • 本物の歯に近い美しい見た目が得られる
  • 硬いものでも安心して食べられる
  • ブリッジのように歯を削らずに済む
  • 適切なケアにより長期間使用できる
  • 人工歯根が程よい刺激を与えるため、顎の骨がやせない
  • 手術が必要になるため治療期間が長い
  • 肺炎や糖尿病などの全身疾患がある方には適用できない
  • 保険がきかないため、費用が割高
入れ歯
  • 手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を削らずに済む
  • 保険がきくものなら治療費が割安
  • 見た目はブリッジやインプラントに比べて劣る
  • 硬いものは噛みにくい
  • 噛んだときに外れることがある
  • ズレて痛むことがある
  • 異物感がある
  • 発音しづらいことがある
  • 食べかすが詰まりやすい
  • 顎の骨がやせやすい
  • お手入れが大変
ブリッジ
  • 自然な見た目が得られる
  • 違和感が少ない
  • 手術が不要で治療期間が短い
  • 保険がきくものなら治療費が割安
  • 支えとなる両隣の歯を削る必要がある
  • 支えとなる両隣の歯への負担が大きい
  • 顎の骨がやせやすい
  • お手入れが大変

インプラント治療の注意点

治療前
インプラントを長く使用するために、虫歯や歯周病が見つかった場合は先に治療を済ませます。
治療後
インプラントの周囲の歯周組織に炎症が起き(インプラント周囲炎)、抜け落ちてしまうことを防ぐために、毎日ブラッシングを行い、歯科医院での定期検診もお受けください。

症例紹介

施術前

施術後

施術前

施術後

施術前

施術後

施術前

施術後

施術前

施術後

施術前

施術後

初めての方はこちら

携帯電話・パソコンから24時間ご予約頂けます。

ページトップ